伊藤健太郎の天狗ぶり 売れない年上には「うっす」か挨拶なし
画像を見る

「申し訳ありませんが、私はお答えする立場にはありません。被害者の方には元担当者として心よりお見舞い申し上げます……」

 

そう語るのは、芸能プロダクション社長・Aさん。昨年夏まで俳優の伊藤健太郎容疑者(23)のマネージャーを務めていた女性だ。

 

10月29日、伊藤容疑者が自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで警視庁に逮捕されたことが報じられると、芸能界に激震が走った。

 

「起用していた各社は対応に追われています。彼のCM出演料は年間契約の場合、1本3千万円ほど。老若男女を問わず知名度も高く、好感度も高かったため、クライアントからの依頼も多かったのです。違約金は軽く1億円を超えるでしょう」(広告代理店関係者)

 

伊藤容疑者は12月から舞台『両国花錦闘士』に主演予定だった。

 

「伊藤さんの降板は避けられないでしょう。彼がまわし姿で撮影したポスターも回収せねばならず、関係者たちは頭を抱えています。この仕事は、マネージャーだったAさんの“置き土産”だったそうですが……」(舞台関係者)

 

前出の元マネージャー・Aさんは伊藤容疑者が18歳のころから担当していた。Aさんを知る芸能関係者は次のように語る。

 

「Aさんは伊藤にとって“芸能界の育ての母”ともいうべき存在でした。多くの仕事を彼のためにとってきただけではなく、俳優としての心得なども教えていたからです。車好きを公言している伊藤ですが、Aさんは『事故でも起こしたら、関係者の皆さんに迷惑がかかるのだから』と、運転を禁止していたのです」

 

次ページ >売れてる俳優には丁寧だけど…

関連カテゴリー: