海老蔵 異例の取材会欠席…松竹からのギャラ減額要請に抵抗か
画像を見る

「こんなにありがたい、うれしいことはありません」

 

万雷の拍手のなか、感慨深そうにこう語るのは市川海老蔵(42)。これは11月11日から福岡・博多座で行われている「市川海老蔵特別公演」の初日に語ったもの。

 

成田屋のお家芸である「にらみ」を披露し、連日客席を沸かせている海老蔵だが、その“舞台裏”は穏やかではなかった。

 

「10月22日に今回の公演の取材会があったのですが、海老蔵さんは不在で、共演の坂東巳之助さん(31)らが出席しました。冠公演の取材会に主役が出てこないなんて前代未聞です」(歌舞伎関係者)

 

海老蔵が異例の“欠席”を断行した裏では、ギャラを巡る攻防戦が繰り広げられていたという。

 

「コロナ禍で歌舞伎界は2月末から公演中止に追い込まれました。8月に再開しましたが、客席は今も半数に制限されています。そこで松竹はスタッフや演者に対して『満席になるまで我慢してほしい』と“半減”レベルの大幅なギャラダウンをお願いしました。

 

大御所も受け入れるなか、当初、海老蔵さんは突っぱねたそうです。今回の公演も客席は半分ですから、海老蔵さんはスケジュールの都合もあって“取材会のボイコット”という形で不満を示したのでしょう」(前出・歌舞伎関係者)

 

海老蔵が抵抗したのには理由があると明かすのは、別の歌舞伎関係者。

 

次ページ >「来年こそ海外公演をやりたい!」

関連カテゴリー: