三浦春馬さん「世界に出たい」最後の主演映画で語っていた夢
映画『天外者』での三浦さん /(C)2020「五代友厚」製作委員会 画像を見る

「ショックで体が震えました。報道を見て知ったんですが“嘘だ、絶対に信じられない”と……」

 

今年7月に三浦春馬さん(享年30)の訃報を聞いたときの悲痛をそう語った、映画監督の田中光敏氏(62)。メガホンをとった12月11日公開の映画『天外者(てんがらもん)』は、春馬さんの“最後の主演映画”に。

 

「この作品に取り組む彼は、本当に前向きでしたから。真摯に役に向き合って、勉強して、努力してくれて。撮影所に入ってきたときも、ものすごく明るくて。やる気満々、という様子でした」

 

春馬さんが演じたのは、幕末から明治初期を駆け抜けた傑物・五代友厚。撮影は、昨年10月から11月にかけて行われた。

 

「春馬くんにとっては、時代劇で主演をやるのも、殺陣をやるのも初めて。殺陣は本当に一生懸命してくれて。実はクランクインが当初の予定から1年ずれたのですが、その間も練習してくれたり、薩摩の武士であればどういう殺陣をすべきなのかというような、歴史の勉強までしてくれていたんです」

 

五代友厚は薩摩藩士から明治政府の役人を経て実業家となった人物。五代についても熱心に資料を読み込んでいる様子だったという。

 

「五代友厚に関する本は『幕末を呑み込んだ男』や織田作之助さんの『五代友厚』なんかがあるんですが、そういったものを“全部読んだ”と言っていました。“春馬くん、僕よりも本読んでるんじゃないの?”と言うくらいでしたね」

 

次ページ >ベテラン時代劇スタッフを驚嘆させた衝撃の殺陣

関連カテゴリー: