鈴木京香 長谷川博己と同棲再開していた!大河後にも結婚か
ジムをあとにするオフの鈴木京香。 画像を見る

高級マンションが立ち並ぶ都内の閑静な住宅街に停車した1台の車。そこから静かに降り立ったのは鈴木京香(52)。いつもエレガントな印象の鈴木だが、全身黒で統一したスポーティな装いだ。

 

12月上旬のこの日、オフだったのか、京香はガラス張りのオープンなジムへと入っていった。

 

「ここは限られたセレブや芸能人が利用する会員制の高級ジムです。鈴木さんも完璧なプロポーションを維持するためによく通っているそうです」(美容関係者)

 

それから約2時間後、汗を流してジムをあとにした鈴木。その凜とした表情からは“覚悟”を決めた様子が伝わってきた――。

 

今年、すでに3本の連続ドラマに出演している京香。先日、最終回を迎えたドラマ『共演NG』(テレビ東京系)での演技は高い評価を受け、来春には朝ドラ『おかえりモネ』(NHK)で主人公の母親役も控えるなど、引っ張りだこ。京香は朝ドラへの意気込みをドラマの公式HPでこう語っている。

 

《ヒロインの母親役として連続テレビ小説に出演させていただけるのは本当にうれしく、感謝の思いでいっぱいです。皆さんと一緒に強い絆の家族となれるよう、私も励みます》

 

交際中の恋人・長谷川博己(43)も“山場”を迎えようとしていた。

 

「長谷川さん主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、コロナ禍で撮影休止を余儀なくされたことで、最終回は異例の年またぎとなる2月7日になりました。現場では連日、急ピッチで撮影が進められています」(NHK関係者)

 

次ページ >億ション購入で京香の“結婚準備”

関連カテゴリー: