浅田真央“1年半交流なし”女性トラブル父と和解した理由
画像を見る

《ここまで怒ったことはないんですが、これは本気のケンカ》
《1年半ぐらいずっと連絡を取っていない時期があった》

 

浅田真央(30)が7日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)のインタビューでこう打ち明けた。怒りの矛先は、なんと彼女の実父。

 

「番組のなかでは、原因や時期については触れませんでした。しかし、“やはりあの一件が原因では”と関係者間ではささやかれています」(テレビ局関係者)

 

“あの一件”とは’15年に一部週刊誌で浅田の父親と当時の交際女性とのトラブルが報じられたこと。

 

「真央さんのお母さんは’11年に病気で他界しています。真央さんは交際女性がいるのを知らなかったようで、その存在にもショックを受けたようですね。それにこの時期は、真央さんが1年の休養を経て現役復帰を決めたころ。再出発に泥を塗られたわけですからね。かなり怒っていたそうです。怒りのあまり父に渡していた生活費を入れるのをやめた、とも報じられました」(スポーツ紙記者)

 

しかし、ここまでこじれた父娘の仲が、現在は良好だというのだ。真央が30歳になったのを機に発売されたばかりの『浅田真央 100の言葉』(扶桑社)でも、父が4ページにわたってインタビューに答えている。

 

次ページ >「世界に一人のお父さんだから…」

関連カテゴリー: