image

 

「NHKの番組に出るたびに『今川義元を演じたい』というようなことを言っていました。出演オファーがあったときは静岡県出身としても、うれしかったです」

 

こう語るのは、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で井伊家を苦しめる今川義元の怪演ぶりが話題となった春風亭昇太(57)。

 

「事前に『あまりしゃべらない役です』とは言われていたんですけど、台本を手にして、こんなにしゃべらないんだ!と(笑)。『笑点』だと出演者7人くらいを相手にしていますけど、大河ドラマはスタッフの数が多い。本当にNGはできないと思っていました。ただ、幸いなことにセリフがないので、かむこともなく演じることができました(笑)」

 

“地元の殿様”今川義元への思いは並々ならぬものがあったそう。

 

「昔から日本史が好きで、郷土史の本を読めば今川家にいきつくわけです。そこで今川義元が政治に長けた大名であったことは知っていたのですが、ドラマや映画などでは言葉は悪いですが“雑な”扱われ方をしていたので……。静岡県民の僕としては、忸怩たる思いをずっと持っていたのです」

 

戦国時期の実力大名・今川義元であったが、桶狭間の戦いで織田信長に敗れた最期もあって、現代では当時の威厳を感じられない描かれ方をされることも多かった。

 

「ドラマのプロデューサーの岡本さんに念のため確認しましたら、『政治力のある実力派の戦国大名として描きます』ということでしたので安心しました。ドラマを機に、ちょっとずつね、イメージが変わっていけば静岡県民としてはうれしいなと思います」

関連タグ: