「最初は私も自然分娩で産みたいと思っていたんですが、アメリカの先輩ママに『こっちで自然分娩で産む人ってほとんどいないよ。とくに早く仕事復帰したいならやめた方がいい』とアドバイスされて。私はヘルニア狭窄症があり、産後に腰痛が悪化する可能性もありましたから」

 

17年12月に韓国人男性と結婚し、18年7月に第1子となる長男を出産した、道端アンジェリカ(33)。昨年末、著書『アンジェリカ流 無理をしない「ベビ活」』(光文社)を出版した彼女が、独自の育児法を赤裸々に語ってくれた。

 

出産も育児も“無理をしない”ことが彼女のモットー。そのうちの1つが、麻酔を用いて痛みを緩和しながら分娩をする“無痛分娩”を選択したことだ。

 

「結局当日まで悩んでいたんですが、一応麻酔を打ってもらうかもということは事前に伝えていて。陣痛がピークだったときに『麻酔科の先生が帰っちゃうけどどうする?』と言われて『無理無理、打って!』とお願いしました。麻酔を打ってから6時間後くらいに20分で出てくるという安産でしたね」

 

欧米では普及している無痛分娩だが、日本では「お腹を痛めて産むべき」とまだまだ抵抗感を持つ人が多いのが現状だ。だが国際感覚の強い彼女は日本の常識に捉われず、海外の育児法も積極的に取り入れてきた。

 

「日本では赤ちゃんと“添い寝”が一般的ですが、うちは別の部屋で寝かせています。でも、なんだかんだ心配で2~3分おきに様子を見に行っちゃう。そんなときは主人が『まだダメ、あと1分我慢』って抑えてくれるんです。泣いているときは手でトントンとしながら『大丈夫だよ~』とあやすだけ。それを3回くらい続けたら、意外と赤ちゃんも疲れてるから4回目くらいで寝てくれるように。いまはもう、一発ですやすや寝てくれます!」

 

何でも包み隠さずストレートに表現できる彼女から学ぶことは多い。

 

「いまは、行きたいときにネイルサロンや美容院に行けない。なので、なるべく自宅でパックやトリートメントをするようにしています。女性としていつまでも綺麗でいることは、ママになっても諦めなくていいと思うんです」

 

取材後、彼女は「こんなときしか行けないから!」と夫に子どもを預け、近所の美容院へと向かって行った。