OWV浦野秀太「ファイナルには進めない…」日プでの苦悩語る
(撮影:河内彩)

昨年、SNSを中心に大旋風を巻き起こしたサバイバルオーディション番組“日プ”こと『PRODUCE 101 JAPAN』。

 

このたび、番組に参加していた元練習生たち4人で結成された、大注目の新ボーイズグループ「OWV(オウブ)」のデビューが決定! グループ名にこめられた「Our only Way to get Victory~勝利を掴む僕たちだけの道~」の意味のとおり、それぞれ唯一無二の魅力を持つ彼らがWEB女性自身に初登場♪

 

優しくそして力強い歌声を持つ浦野秀太(23)は、いつも明るく元気なムードメーカー。メンバーからはよくイジられているというが本人は「僕がイジらせてるんです(笑)」と。いるだけで場が和やかになる、グループの潤滑油的存在だ。

 

そんな浦野くんに、日プで学んだことや今後の目標について語ってもらいました!

 

【Q】日プを振り返って思うことは?

 

自分ってこんなに落ち込むタイプだったんだって、初めて知りました。基本的にいつも楽観的なほうなんですけど、番組中は順位を見るたび悔しい思いをして。多分、今までの人生の中で1番落ち込んでたんじゃないかな。

 

ただ実は、脱落する覚悟はできていたというか……。自分の順位ではファイナルには進めないんじゃないかって予感してしまって。でも、もし脱落してしまったとしても次につなげられるように、いろんなことを吸収しようという気持ちでいました。

 

グループを組んでデビューしたいっていう小さいころからの夢は変わらないので、番組が終わってからも、とにかくできることはしておかないとと思い、歌にダンスに頑張っていました。

 

あとやっぱり、第一印象って大事なんだなっていうのは改めて感じましたね。番組で宣材写真を撮ったときは頬がこけてしまっていたので、今は頑張って7キロくらい太りました!

 

【Q】今後の目標は?

 

アイコン的な存在になっていけたらいいなと思います。音楽性だったり、振り付けだったり、ファッションだったり、僕たちを「真似したい!」って思ってもらえるようになりたいですね。

 

自分たちの楽曲のカバーダンスの動画などを投稿してもらえたらうれしいですよね。髪型やちょっとしたポーズとかも真似してもらえるようなグループになっていけたらいいなって思います。

関連カテゴリー: