水沢アキ歩むスタジオオーナーの道「夢を応援できるのが嬉しい」
画像を見る

「はい、ブロンクスレンタルスタジオです。ああ、先ほどはありがとうございました。え、忘れ物? わかりました。いま次の方がスタジオを使用中なので、終わり次第、探して連絡させていただきますね」   声を弾ませながら、彼女は電話の向こうの相手に対して、何度も何度も頭を下げていた。不意の電話でインタビューが中断するのは、これでもう3回目だ。  ...

関連カテゴリー: