image

テネイシャスDのカイル・ガス(左)とジャック・ブラック
(C)Tenacious D/Twitter

「ジャック・ブラックが死んだ?」──この週末、縁起でもない噂がネット上を駆け巡った。出どころはブラックのバンド「テネイシャスD」のオフィシャルTwitterだ。

「悲しいことですが、ジャック・ブラックが46歳で死去したことをお知らせします。安らかに眠れ、兄弟よ」

「昨晩3:37、ジャック・ブラックがこの世を去りました。死因はまだわかっていません」

こんな訃報が5日、発せられたのだ。「”#RipJackBlack」というハッシュタグまで付けられていた。

しかしよく見るとスペルミスもあり、公式Facebookページには同様の訃報が書き込まれなかったことから、虚報であることがわかった。該当ツイートは現在は削除されており、「Twitterアカウントをクラックされました。ジャック・ブラックは生きており、元気であることを保証します。タチの悪い“イタズラ”でした」とアナウンスされている。

関連タグ: