image
Adele/Twitter

今年2月からワールドツアーを行っている英シンガーソングライターのアデル(27)が、Twitterの2,700万人のフォロワーに向けて1本のビデオを公開した。ビデオの中の彼女は完全なるノーメイク。目には涙を浮かべ、終始鼻声で米国時間17日夜にアリゾナ州フェニックスで予定されていたコンサートをキャンセルしたことへの謝罪の言葉を語っている。

 

「本当に、本当にごめんなさい。少し前から風邪をひいています。強行して、昨晩もショーをやりました。とても素晴らしかったのだけど、ちょっと無理をしすぎたみたい。朝からずっと歌おうとして、ウォーミングアップをしていたんだけど、声が出ないの。失望させてしまって、本当にごめんなさい」

 

彼女の体調が最悪であることは、ビデオを見れば一目瞭然だ。やっとのことで声を絞り出していることがわかる。コンサートを心待ちにしていたファンはがっかりしながらも、「ゆっくり休んで!」「早く良くなることを祈っています」と彼女を気遣うコメントを数多く寄せている。

 

「今日のコンサートは日程を延期して、必ずまたみなさんに会いに行くと約束します。私抜きでも、素敵な夜を過ごしてくださいね」というメッセージと投げキスでビデオは締めくくられている。次のライブ会場は20日のカリフォルニア州ロサンゼルス。それまでに回復することを祈りたい。

関連タグ: