(写真:アフロ)

朝鮮半島の平和を予感させる4月27日の南北会談以降、大きな注目を集める北朝鮮。しかし、これまでの報道は政治的な話題一色で、一般市民の生活は謎が多い。

 

とくに気になるのが、女性の暮らし。そこで、女性の関心が高い「美容」に焦点をしぼり、北朝鮮の“女子力”の源を、本誌が徹底解剖!

 

美容について教えてくれるのは、北朝鮮社会に詳しい、國學院大學栃木短期大学非常勤講師の宮塚寿美子さん。

 

■国内人気のコスメブランドは“春の香り”シリーズ!

 

化粧水からクリームまでひととおりのスキンケアがそろう北朝鮮コスメ「春の香り」。

 

「使い心地や香りは日本製に劣りますが、年々品質がよくなっているようです。いつか日本で販売される日が来るかも」(宮塚さん・以下同)

 

■ポカポカ温かい“泥パック美容”でお肌ツルツル!

 

宮塚さんは、侍中湖のそばで新陳代謝促進効果をうたう泥パックを体験。

 

「全身、湖の泥たっぷりの湯船につかります。じんわり温かく、いかにも効いてる! という感じ。駐在外国人にも人気で訪れる人も多いそう」

 

天然資源が豊富な北朝鮮には、泥パック施設のほか、温泉地も多く存在する。北朝鮮女性の関心も高いのだろうか。

 

「一般市民も訪れますが、北朝鮮では日本のように自由に移動できません。“旅行”というより、許可を得て労働の“対価”として保養所で休養するという感覚です」

関連タグ: