image
(写真・神奈川新聞社)

 

伊勢原市で9日、乗用車がブロック塀に衝突し運転していた自営業の男性(27)=同市=が死亡した事故で、県警のパトカーが衝突する直前まで追跡していたことが21日、分かった。伊勢原署は当初「不審車を追跡したが、失尾したため打ち切っていた」と説明していた。

 

県警交通捜査課によると、事故現場の約200メートル手前にある防犯カメラに、事故車両とこの車を追うパトカーが写っていた。2台が通過した間隔は数秒間だった。

 

パトカーは第2交通機動隊の所属で、男性の巡査長(28)が運転していた。助手席にいた男性の巡査部長(34)は「1回失尾した時点で、打ち切ったことになると認識していた」などと説明しているという。

 

事故は9日午前1時55分ごろ、伊勢原3丁目の市道で発生した。パトカーは事故の約3分前、同2丁目の交差点で信号無視した乗用車を発見して追跡を開始。数度見失いながら追っていたところ、約900メートル先で事故が起きた。

 

交通捜査課の田畑直義課長は「追跡が適切だったか、一から捜査する」と話した。

関連タグ: