image

(写真・神奈川新聞社)

 

「110番の日」に合わせ、伊勢佐木署は10日、JR桜木町駅前広場(横浜市中区)で、110番通報の正しい利用を呼び掛けるキャンペーンを行った。双子のお笑いコンビ「☆まかりな☆」の2人が一日女性警察官となり、「緊急時以外の110番通報は控えてほしい」と訴えた。

 

2人はコントやトークを通して110番通報をする際の注意事項などを紹介し、「運転中に通報するときは一度車を止めて」などとアピール。同署員や伊勢佐木防犯指導員会の会員らとともに、薬物撲滅や交通事故防止の啓発チラシも配布した。

 

駅前広場では署員による相談窓口を設けたほか、パトカーや白バイの体験乗車なども行われた。

関連タグ: