image

(写真・神奈川新聞社)

 

知人男性の遺体を切断、遺棄したとして、県警暴力団対策課と秦野署などは1日、死体損壊と死体遺棄の疑いで、住所不定、無職の男(41)=詐欺罪で服役中=と千葉県市原市、会社員(52)の両容疑者を逮捕した。県警は同日、秦野署に捜査本部を設置し、男性が死亡した経緯についても調べている。

 

同課によると、亡くなった男性=当時(47)=は、無職の容疑者が経営に関わっていたとみられる秦野市内の建設会社の作業員で、会社員の容疑者も同じく作業員だった。同課は、無職の容疑者が指定暴力団山口組の関係者とみている。

 

逮捕容疑は、共謀して2015年5月3日から同17日までの間、建設会社の敷地内で、男性の死体を切断するなどして遺棄した、としている。

 

別の事件で服役中の無職の容疑者が昨年5月、死体遺棄事件への関与を示す手紙を松田署に送ったことが端緒になった。この容疑者が県警の事情聴取に「死体を電動工具で切断して、強アルカリ性の薬品で溶かした」などと説明したため、建設会社を捜索、敷地内の浄化槽や排水管から人体の一部とみられる骨片や肉片約300点を発見した。骨片などから男性のDNAが検出された。

 

同課によると、無職の容疑者は逮捕後は黙秘、会社員の容疑者は容疑を認めている。捜査本部は、無職の容疑者らが男性に暴行を加えた疑いがあるとともに、他にも関与した人物がいるとみて捜査している。