image
(写真・神奈川新聞社)

 

「藤沢市民の皆さんの勝利。本当にありがとう」。立憲民主党の阿部知子氏(69)は、藤沢市内の事務所で集まった支援者らと抱き合い、喜びを爆発させた。

 

民進党と希望の党との合流協議で「排除の論理」が叫ばれたことに危機感を覚え、枝野幸男氏らと立憲民主党を結党。「憲法に基づいた主権在民の政治」を掲げ、支援する市民らと草の根運動を展開した。

 

7期目の挑戦となった選挙戦では日を追うごとに、党への期待が増していくのを感じたという。自身の政策の柱である「原発ゼロ」や、憲法9条の「改悪阻止」を訴え、幅広い層から支持を集めた。

 

過去6回は比例復活での当選だったが、今回は念願の小選挙区当選を果たした。「野党第1党になるであろう立憲民主党として、国会でしっかり存在感を示す」と表情を引き締めた。