image

(写真:神奈川新聞)

 

横浜港はクリスマスから年始にかけて客船シーズンを迎える。横浜市中区の横浜港大さん橋国際客船ターミナルでは23〜26日、来年1月5、7〜9日に豪華客船が同時着岸を予定。特に26日は4隻が入れ替わり寄港し、日中は3隻がそろうことになっており、クルーズを楽しむ乗客と入出港を見守る市民らでミナトは連日にぎわいそうだ。

 

市港湾局によると、23~25日の飛鳥2とぱしふぃっくびいなすを皮切りに、26日は午前9時~9時半にぱしふぃっくびいなすとにっぽん丸、同9時半~午後5時に飛鳥2、ぱしふぃっくびいなす、にっぽん丸、同7時半〜8時に飛鳥2とオーシャン・ドリームがそろう。

 

来年は、1月5日に飛鳥2とぱしふぃっくびいなす、7日ににっぽん丸とオーシャン・ドリーム、8日は午前9時~午後1時に飛鳥2とオーシャン・ドリーム、午後4時半〜5時に飛鳥2とぱしふぃっくびいなす、9日はぱしふぃっくびいなすとにっぽん丸が停泊する予定。

 

詳細は、市港湾局ホームページの横浜港客船入港情報に掲載。入出港予定は変更になることがある。当日の入港状況は、大さん橋インフォメーション電話045(211)2304。