image

(写真 神奈川新聞)

 

人気漫画「ゴルゴ13」を題材に、外務省が作成した海外進出企業向け安全対策冊子に、河野太郎外相(衆院15区)をモチーフにした「外務大臣」が登場した。初版が品薄となり、2日に増刷版を発行する機会に合わせ、これまでの岸田文雄前外相に似たイラストから河野氏のものに差し替えられた。

 

冊子は2016年7月にバングラデシュで日本人7人が殺害された事件を受けて作成。作者のさいとう・たかをさんの協力の下、海外での安全対策をまとめた漫画として昨年6月に発行した。増刷版で河野氏は、外務省が主人公のデューク東郷に安全対策の指南役を依頼する場面で登場する。

 

さいとうさんが多忙なため、冊子の中の登場人物やイラストは同省職員が過去の同作から「切り貼り」しており、河野氏の顔も同作159巻に登場する大阪府警の警察官にメガネを描き足して再現した。関係者によると、河野氏は「似ている」と大笑いしたという。

 

冊子は1万部発行し、セミナーなどで活用予定。同省ホームページでも近く公開される。