image
(写真・琉球新報社)

 

東北サファリパーク(福島県二本松市)の熊久保信重社長らが16日、沖縄市役所を訪れ、ホワイトライオン1頭を、沖縄こどもの国(沖縄市胡屋)へ贈ると発表した。サファリパークのゾウが毎年来県し、こどもの国で越冬しているお礼として寄贈が実現した。熊久保社長は「沖縄の子どもたちにも見ていただき、楽しんでもらいたい」と呼び掛けた。

 

東北サファリパークには20頭がおり、贈られるホワイトライオンは11月14日に生まれたオス。全身が白い毛で覆われ、瞳の青さが特徴。現在は約4キロに成長し、乳離れするのを待って来年春に来県する。その時には約20キロに成長するとみている。

 

サファリパークによると、ホワイトライオンの展示は九州・沖縄では初めてという。