image

沖縄こどもの国の新猛獣舎の建築で、安全を祈願する桑江朝千夫沖縄市長(中央)ら=2月20日、沖縄市の沖縄こどもの国

 

【沖縄】沖縄市の沖縄こどもの国に新築予定の猛獣舎の安全祈願祭が2月20日、同園で開かれた。桑江朝千夫沖縄市長や新垣邦男北中城村長、工事関係者らが出席した。新しい猛獣舎は11月末に完成予定で、人気のホワイトライオンのセラムをより魅力的に展示し、来園者の満足度の向上などを目的としている。

 

現在、同園には2頭のライオンがいるが、新築される猛獣舎では最大で6頭の展示が可能となる。仕切り柵にガラスや網などを用い、さまざまな角度からライオンの迫力を感じる猛獣舎を目指す。鉄筋コンクリート造りで、地上2階建て、延べ床面積は382・2平方メートル。