認知症診断で免許取り消し3倍 県警、チェック強化に効果
(写真・神奈川新聞) 画像を見る

道交法に基づき高齢ドライバーが受検する認知機能検査と医師の診断の結果、2017年の1年間で免許取り消しとなったケースが前年比約3倍の154人に上り、過去最多だったことが23日、県警への取材で分かった。免許更新時などの認知機能検査を強化した改正道交法が17年3月に施行されており、県警は「チェック強化が一定の効果を上げているのではないか」と分析している。  ...

【関連画像】

関連カテゴリー: