「ほっともっと」の看板

 

沖縄県内を中心に「ほっともっと」や「やよい軒」を運営するブレンズ(長崎県、光武輝彦社長)が、長崎にある本社機能を沖縄へ移転することが24日までに同社への取材で分かった。8月1日から、ほっともっと沖縄地区本部(浦添市)に本社を移す。長崎で創業したブレンズは沖縄と広島にも拠点を置くが、事業規模が最も大きい沖縄に本社を移して、さらなる事業強化につなげる。

 

ブレンズは1981年に長崎県佐世保市で創業した。主要事業は弁当の製造販売で、プレナス(福岡市)が展開する「ほっともっと」を沖縄で86店、長崎で8店、広島は26店を運営している。

 

同社の新城尚也営業部長は「佐世保で創業して37年たつが、これから沖縄で本格的に根付いていきたい。新たな事業展開や雇用増大にも寄与できればいい」と狙いを語った。

関連タグ: