太陽の花、笑顔と咲く きょう「立春」 県内各地で夏日
多くのヒマワリに囲まれ、記念撮影をする親子=3日、北中城村荻道

 

4日は二十四節気の起点「立春」。暦の上では寒さが明けて春が始まる日とされる。3日の沖縄地方は宮古島市や石垣市のほか那覇市でも25度の夏日に達した。

 

北中城村荻道ではヒマワリとオオゴマダラの郷まつりがあり、地域外からも多くの人が訪れ、鮮やかな黄色の花を楽しんだ。那覇市の橋口直人さん(31)は妻(27)と6カ月の長男と満喫。橋口さんは「去年も妻の妊娠中に来た。今回は3人の思い出になった」と笑みを浮かべた。

 

沖縄地方は向こう1週間、曇りや雨の降る日が多く、最高気温、最低気温ともに平年よりかなり高い日が多い見込み。

関連カテゴリー:
関連タグ: