HYファンの「聖地」に うるま市にミュージアム開館 メンバーの思い詰まった展示
開館したバンド「HY」のミュージアム「HeartY Museum」。駆け付けたファンとともに開館を喜ぶHYのメンバー=27日、うるま市与那城、市海の文化資料館

 

【うるま】うるま市出身のバンド「HY」のミュージアム「HeartY Museum(ハーティー・ミュージアム)」が27日、うるま市与那城の市海の文化資料館内に開館した。全国から駆け付けたファンたちからは「聖地だ」との歓喜の声が上がった。ツアーで47都道府県を巡った際にファンと共につくり上げたオブジェを展示している。入場無料。

 

HYは「ファンと作り上げる」をモットーに全国ツアーを行い、各地でファンからの寄せ書きなどを集めたオブジェを制作してきた。オブジェはこれまで、うるま市庁舎などに展示していたが、ファンとつながる場所を地元うるま市でつうろうと、クラウド・ファンディングでミュージアム設立の資金を募り、開設にこぎ着けた。今後、地域の子どもたちに教育の場を提供するワークショップ開催なども予定されている。

 

ギター・ボーカルの新里英之さんは「ファンの思いが一つ一つの作品に込められている。自分たちにとってもファンにとってもパワースポットだ」と開館を喜んだ。

 

HYのメンバーらとテープカットに参加したファンの坂本成孝さん(38)=福岡県、介護士=は、メンバーの故郷うるま市の海を見詰め「ここで生まれたのか」と感慨深げ。夜勤明けで日帰り滞在になると言う坂本さんは「またゆっくり訪れたい。HYの音楽を聴いたら、これからはこの景色を思い出すと思う」と笑った。

ミュージアムが入る市海の文化資料館の営業時間は午前9時から午後4時半まで。休館日は月曜日、月曜が祝日にあたる場合は翌日が休館日になる。【琉球新報電子版】

関連カテゴリー:
関連タグ: