新しい散策コースで首里城楽しんで 公開制限エリアきょう一部開放 沖縄・首里城公園、火災前面積の8割利用可能

 

首里城公園管理センターは11日、火災の影響で立ち入りを制限していた歓会門、久慶門、広福門、西のアザナ、銭蔵などのエリアを12日から利用可能とすると発表した。

 

利用できる区域は火災発生前面積の約8割に当たる。

 

玉城デニー知事は「県民や観光客の皆さまには、ぜひ首里城に足を運んでいただき、新たな『首里城めぐり』のコースを散策していただくよう、お願いする」とコメントを発表した。

 

エリアの開放で下之御庭への立ち入りが可能となり、被災した奉神門などを見ることができる。同センターは首里城復興モデルコースとして、早回りコースや首里まちまーいコースなどを設定し、多くの来園を呼び掛けている。

関連カテゴリー:
関連タグ: