吉永小百合さん、坂本龍一さん「長年の夢がかなった」沖縄コンサート 詩の朗読とピアノ演奏で平和訴え
朗読する吉永小百合さんとピアノ演奏をする坂本龍一さん=5日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター劇場棟(喜瀬守昭撮影)

 

吉永小百合・坂本龍一チャリティーコンサートin沖縄「平和のために~海とぅ詩とぅ音楽とぅ」(同実行委員会主催)が5日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター劇場棟で開かれた。俳優の吉永さんと音楽家の坂本さんが共演し、戦後75年の節目に詩の朗読とピアノ演奏で平和の尊さを伝えた。観客は、清らかな吉永さんの声と坂本さんのピアノの音色に聴き入り、共に平和を願った。

 

吉永さんは、2冊の詩集から沖縄の死生観や自然、沖縄戦などをつづった7編と、沖縄戦全戦没者追悼式で子どもたちが作り、読み上げられた「平和の詩」から「へいわってすてきだね」など4編を、坂本さんのピアノ演奏にのせて朗読した。

 

坂本さんは「沖縄で演奏するのは初めて。長年の夢がかなった」と感慨深げにあいさつし、映画「戦場のメリークリスマス」より「Merry Christmas Mr.Lawrence」や映画「米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」より「Gui」、「energyflow」など7曲を演奏した。また、坂本さんの演奏にのせてゲスト出演の古謝美佐子さんが歌った「安里屋ユンタ」は観客も歌い、会場一体となって盛り上がった。

 

アンコールでは吉永さんと坂本さん、古謝さん、県内の子どもたち約40人が「てぃんさぐぬ花」を歌い幕を下ろした。

 

公演は白梅同窓会、ひめゆり平和祈念資料館、対馬丸記念館、県文化協会、琉球新報社、沖縄タイムス社が実行委を務めた。収益金はひめゆり平和祈念資料館、白梅同窓会、対馬丸記念館、辺野古基金の4カ所に寄付し、平和推進活動に役立てる。【琉球新報電子版】

関連カテゴリー: