ミツバチで恩納を活性化 養蜂業者養成へ村が説明会
採蜜を見学する参加者ら=6日、恩納村役場

 

【恩納】恩納村が取り組むプロジェクト「Honey&Coral Project(ハニー&コーラル プロジェクト)」の説明会が6日、恩納村役場2階会議室で開かれた。

 

営農支援として養蜂家と加工業者の育成を目指した「ミツバチを活用したむらづくり」に向けたプロジェクト。観光立村にふさわしい海や景観を維持するため、農地からの赤土流出防止対策の一つでもある。主催者の恩納村赤土等流出防止対策地域協議会の外間毅会長(村副村長)のあいさつで始まり、採蜜体験まで2時間の説明会となった。

 

最初に赤土対策講座とプロジェクトの説明を村農業環境コーディネーターの桐野龍さんが行い、農林係・農政係・農業委員会が養蜂業を始めるための各種申請書について説明した。

 

村が支援する内容は(1)養蜂群(女王・働き蜂)の助成(予定数10群)と養蜂箱の提供(2)ミツバチ飼育の技術指導(3)蜂蜜販売などの支援(買取予定)など。支援対象者にいくつか条件があるが、初めてでも安心して始められる。申込締め切りは14日で、支援期間は2021年3月末まで。
(小山猛三郎通信員)

関連カテゴリー:
関連タグ: