オキちゃん劇場に3歳「サン」デビュー 父母と同じ舞台で大ジャンプ 美ら海水族館
デビューしたイルカショー「オキちゃん劇場」で、得意技のフープ運びを披露するオキゴンドウの「サン」=11日、本部町の海洋博公園 画像を見る

【本部】沖縄県本部町にある沖縄美ら海水族館のイルカショー「オキちゃん劇場」で11日、今年5月に3歳になったオキゴンドウの「サン」がデビューを果たした。先輩イルカたちと息の合った連携を見せ、大ジャンプを披露。サンしかできない技「フープ運び」を繰り出すと、会場からは温かい拍手が送られた。

 

オキちゃん劇場の舞台にも立った、父のティダと母のももの間に産まれたサン。繁殖個体の長期飼育に成功したのは、国内では同館のみ。体長は3メートル30センチ、体重は340キロまで成長した。

 

両親の“背中”を見ていたからか「飲み込みが早い」と語る水族館事業部海獣課イルカ担当の比嘉克さん。他のイルカたちともっと息を合わせられるよう、日々練習を重ねている。

 

神奈川県から家族で訪れた一氏尚馬さん(27)は「2年前にショーを見に来た時も迫力があった」と驚いた様子だった。

関連カテゴリー:
関連タグ: