沖縄県「ワクチン二重予約避けて」 広域接種と市町村で別ワクチン、廃棄の恐れも
画像を見る

沖縄県が設置する新型コロナウイルスの「広域ワクチン接種センター」の運用が始まり、高齢者は住民登録のある市町村の接種会場と県のセンターのどちらかでワクチン接種を受けられるようになった。ワクチンは2回打つ必要があるが、市町村と県とで接種するワクチンの種類が異なるため、混同しないよう注意が必要だ。広域接種を担う県は、市町村の接種との二重予約はしないよう呼び掛けている。 ...

【関連画像】

関連カテゴリー: