“バブル女子”アラ50で初婚…この10年で倍増した理由

投稿日: 2017年08月23日 11:00 JST

image

 

「20代からずっと“白馬に乗った王子さま”がいつか迎えに来ると思っていました。でも、47歳のときに友人から紹介されたのは、王子さまとは程遠い人。バブル時代の私なら絶対に選ばなかったけど、交際していくうちに、私が相手に求めていたのは、彼のような素朴な優しさだったと気づいたのです」

 

そう語るのは、50歳で結婚したエステティシャンの相澤美佐子さん(52・仮名)。全体の婚姻数が減少するなか、相澤さんのように50歳前後で結婚する女性は逆に増加中。再婚カップルも多いようだが、初婚の“アラ50”女性が急増している(厚生労働省・平成27年人口動態統計より)。

 

「“婚活”現場でも“アラ50”世代が目立っています」と話すのは、結婚相手紹介サービス「ツヴァイ」の広報担当者。

 

「全女性会員のうち45〜54歳が占める割合は18.6%。10年前の3.3倍に増えています。また、ほかの世代と違い、条件だけではなく、価値観のマッチングにより結ばれるケースが多いのも特徴です」

 

高学歴、高収入、高身長の“三高”が結婚相手の条件だったバブル期から30年。“イケイケ”だったバブル女子も、今やアラ50。初婚の“アラ50”女性急増の裏には、いったいどんな背景があるのだろうか。”“大人女子”に詳しい作家の横森理香さん(54)は、“アラ50”世代の結婚についてこう語る。

 

「仕事も遊びも恋愛も“イケイケ”のバブル時代を20代で過ごした女性のなかには、その勢いで40代まで駆け抜けた人もいました。でも、そんな彼女たちも今や“アラ50”−−。もう頑張らなくてもいいと思ったり、偽りの自分を演じる気力も体力もなくなったりしています。そうしたムダな力が抜けたとき、イケメンとか高収入といったこととは別の物差しで、男を見ることができるのでしょう。恋愛に関してポジティブなのもバブル世代の特徴。ただ、“アラ50”になると、同世代で命に関わる病気になる人も出てきます。なんとなく先が見えた人生において、一緒に歩いてくれるパートナーを探そうとするのは自然な流れなんです」

【関連記事】

沖縄自治体、移住促進あの手この手 体験ツアーや婚活に力

現在地から婚活事情まで…「スマホ個人情報」売買の実態
親だけの婚活パーティに潜入!親目線の“結婚の決め手”は?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング