里谷多英 フジ職員の今振り返る“金メダル獲得後の景色”
画像を見る

新型コロナウイルスの影響で、多くのスポーツ競技が「中止」「延期」と通常開催できない状況だ。東京オリンピックも’21年に1年延期が決まったものの、練習すらままならず、不安の毎日を過ごす選手も少なくない。アスリートが紡ぐ試合から、感動と、生きるためのパワーをもらう私たちにとっても、“観戦できない、応援もできない”という状況が続く。

 

そこで今回、’98年長野オリンピック・女子モーグルでの金メダル獲得をはじめ、日本中を感動の渦に巻き込んできた里谷多英さん(44)に特別インタビューをお願いした。現在、里谷さんはフジテレビ社員として、「イベント事業センター・販売企画部・プロデューサー」を務めている。雪上で躍動する姿を覚えている世代はもちろん、「選手時代」の秘話、そしてワーキング・ウーマンとして活躍する「現在」までを語ってくれた里谷さん。私たちに、改めて“スポーツの魅力”を教えてくれた。

 

「25年間も競技を続けていると、もちろんいいことばかりではないんです。みんな『勝つ』ために頑張っているし、そのなかで『勝つ』=『トップで表彰台に上がる』って、気持ちいいこと。でも『頑張っても、できないことがあるんだ』というのを、現役時代の後半で学びました。それが、引退後のキャリアを過ごすための『糧』になっているんです」

 

サラリとしたロングヘアにピンと伸びた背筋、パンツスーツがよく似合う里谷多英さんが、こう切り出した。’76年6月12日、札幌市生まれ。ウィンタースポーツが盛んな土地で育ち、3歳からスキーに親しんだという彼女に、生い立ちから振り返ってもらった。

 

次ページ >亡き父に誓った「長野五輪でベストを尽くす」

【関連画像】

関連カテゴリー: