新婚・阿炎「ケンカは弱かった…」母が語った気弱な少年時代
新婚でもある阿炎(写真:時事通信)

「4人きょうだいの、いちばん下の子です。上の3人はみんな結婚して、孫も6人います。先日、末っ子も結婚して、ようやく私の子育ても終わったと、胸をなでおろしているところなんです」

 

そう言ってほほ笑むのは、阿炎(26、本名・堀切洸助)の母、堀切早苗さん(56)。

 

阿炎は股関節も柔らかく、四股の足もよく上がることから、“四股王子”という異名も持つ人気力士。昨年の七月場所からは4場所連続で小結を務めた。

 

プライベートでは6月24日に3歳年下の女性と入籍したことも話題になっている。3年前に知人の紹介で出会った同郷の女性で、今年3月に看護学校を卒業したこともあり、阿炎がプロポーズしたという。

 

今回本誌がインタビューした埼玉県在住の母・早苗さんも現役の看護師だ。

 

「私は中学校を卒業した後、看護学校に入りました。それ以来、看護師を続けながら4人の子供たちを育ててきたのです。おかげさまで34歳の長女も看護師になりました。

 

洸助のお嫁さんに初めて会ったのは1年前ごろです。髪が長くて小柄で、小顔の今風の女性でした。看護学校に通っていると聞きましたが、もしかしたら洸助が彼女に、私と同じ職業を勧めたのかな、とうれしかったです。母親の自分が言うのもおかしいですが、それぐらい洸助は親思いの優しい子だったんですよ」(早苗さん・以下同)

 

阿炎の“お母さんっ子”ぶりは角界では有名だ。’18年に横綱・白鵬から初金星をあげた後も、「お母さんに報告したいんで、もう帰っていいですか」と、インタビューを自ら切り上げたという。

 

188センチ・150キロの阿炎は、子供のころから同じ世代の子供より頭1つ大きかったが、気の弱い一面もあった。

 

「体が大きかったもので幼稚園のころに柔道をやらせてみたら『投げられると痛い』と……。そこで地元の草加相撲練修会に通うようになったのですが、キツイぶつかり稽古の時間になると、いつもトイレに行ってしまって(笑)。友達のランドセルをたくさん背負って帰ってくる姿を見たこともあります。本人はジャンケンで負けた罰ゲームだと言っていましたが、頼まれると断れない性格ですからね。

 

中学生になってもケンカは弱かったですよ。相手が倒れてしまうと、『大丈夫か』と、心配して駆け寄ったりするのですが、その隙をつかれてボコボコにされて……。顔を腫れ上がらせて帰ってくると、今度は夫に『ケンカは本気でやれ!』と、また怒られたり」

 

堀切家の育児ルールは、“他人に迷惑をかけたり、イジメたりすることは許さない”だという。

 

専門誌『相撲』(’19年11月号)には、気弱なりにヤンチャに育ち、“人様に迷惑をかけた”中学3年生当時の阿炎少年を、早苗さんが6連発ビンタで戒めたというエピソードも紹介されている。そのことを早苗さんに聞くと……。

 

「6連発ですか? いろいろ叱りすぎて思い出せません(苦笑)。私が夜勤のときは、母に子供たちの世話を手伝ってもらっていました。でも洸助は『おばあちゃんはお姉ちゃんばっかりかわいがっている』と、反抗的だったんです。そんな態度を目の当たりにしたときには、厳しく怒りました。とにかく悪いことをしたときには、たたいたり、蹴とばしたりと、私も体を張ってきました」

 

厳しい教育方針ではあっても、いまだに阿炎が母親っ子なのは、早苗さん流の愛情を肌で感じてきたからなのだろう。

 

前出の専門誌では、阿炎の好物として“母の作ってくれるスクランブルエッグ”を紹介していた。

 

「大好物は子供時代から、スクランブルエッグ、大根の味噌汁、そしてマーボー春雨で、洸助が実家に帰ってくると必ず用意します。スクランブルエッグは1人分を卵5個で作り、砂糖と醤油で甘じょっぱく味付けするんです」

 

早苗さんは、息子が角界に進むことにはこだわっていなかったという。

 

「相撲も、私は、そろばんなどと同じようなお稽古の1つと考えていましたから。本人も高校生のころは建築に携わる職人である父の仕事を継ぐつもりだったようです。でも、あの子が卒業旅行で大阪に行っているときに、親しくさせていただいていた錣山親方(元関脇寺尾)から、お電話があったんです。『洸助、自分から「(部屋に)入ります」って言いましたよ』って。親方と大阪でお会いするという話は聞いていたのですが、入門を申し出たのですね。

 

半分は角界に進むことを望んでいた父親の気持ちをくんでくれたのでしょう。親方の話を聞いた夫はうれしくて泣いていましたが、いっしょにいた私も泣きました」

 

’13年5月に初土俵を踏んでから7年。着々と実績を重ね、人生の転機を迎えた息子に対し、早苗さんは、どんなことを望んでいるのだろうか。

 

「けがをせずに、長く相撲を取ってほしいということが、いちばんの願いです。土俵から落とされて、体を打ち付けている姿を見ると、いつも心配になります。“休場するような大けがはしないように”と、いつも祈っています。

 

あと、本人も『(コロナ関連の)暗いニュースばかりだから結婚した』と、コメントしていましたが、お嫁さんとは楽しく過ごしてほしいです。

 

いずれ息子が相撲部屋を持つようになったときには、彼女がおかみさんとして部屋を支えてくれるのでしょうね。結婚の話を聞いたときに、錣山親方のおかみさんの姿が思い浮かびました。今後2人でどんな人生を歩んでいくのか楽しみですね」

 

母に新婦、2人の強力女性サポーターが見守る、阿炎の“新婚場所”は7月19日から始まる。

 

「女性自身」2020年7月28日・8月4日合併号 掲載

関連カテゴリー: