羽生結弦 3日前まで葛藤…世界選手権で4回転半封印した理由
SPでは首位に立った羽生(写真:アフロ) 画像を見る

演技後の、その表情には悔しさがにじみ出ていた――。3月27日、コロナ禍で2年ぶりの開催となった世界フィギュアスケート選手権で、優勝を逃し3位となった羽生結弦(26)。

 

ショートプログラム(以下SP)首位でフリーに挑むも、ジャンプのミスが続いて総合289.18点止まり。会心の演技を見せて追い上げた宿敵ネイサン・チェン(21)、さらには鍵山優真(17)にも敗れる結果となってしまった。

 

「ネイサンとは今回が9度目の対決でした。これまでの対戦成績は4勝4敗。直近では2連敗していました。3連敗目を喫したことで、羽生選手はすでに次の対決に闘志を燃やしているのでは」(スポーツ紙記者)

 

ただ、優勝こそ逃したものの、スポーツライターの折山淑美さんは、今回の演技をこう評価する。

 

「SPの状態を見たときは、かなりいい感じできたなと思いましたね。自分のやるべきことができているなとは思いました」

 

フィギュアスケート評論家の佐野稔さんも、健闘をたたえる。

 

「年末の全日本選手権で最高のパフォーマンスをしたので、“そこから落ち込んでしまうのではないか”というのが危惧されましたが、SPではさらに上の状態に持っていきましたからね。今回、羽生選手のメンタルの強さを改めて実感しました」

 

全日本選手権での華々しい優勝から3カ月後に開かれた、今回の世界選手権。実は、羽生がここに至るまでのおよそ90日間は、苦しみ続けた日々だったという――。

 

「全日本直後の会見で、コロナ禍で練習拠点のカナダに渡れず、コーチ不在の状態で一人で練習をしてきた日々のつらさを、“どん底まで落ちた”という表現で語っていましたが、全日本優勝後にも、そんな時期が再びあったようなのです」(前出・スポーツ紙記者)

 

世界選手権中にあった会見で、本人がそのつらさを、次のように話している。

 

《全日本の前並みにへこんだこともあったり、また調子の波がふわーって崩れていったりとか、自分が“目標としていたもの”に届かなかったりもしていたので、結構つらい気持ちもありました》

 

次ページ >2月の地震で自宅の物がぐちゃぐちゃに

関連カテゴリー: