image

斎藤芳乃(さいとう よしの)プロフィール

マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、潜在意識にある不幸の根本的な原因を見抜き、現実を変化させる心の専門家として活躍中。東京・大阪・名古屋で開催される講座には、7000人以上の女性が参加。北海道や沖縄のみならず海外からも受講者が訪れる。また個人セッションの申し込みは、予約受付開始から5分で満席となる人気ぶりを博している。著書に『一週間で自分に自信を持つ魔法のレッスン』(SBクリエイティブ)、『運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた』(マガジンハウス)。著者公式ブログにて、クライアントの実際の体験談や、潜在意識の書き換え方を日々更新中。9月に新刊『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』(SBクリエイティブ)を上梓した。

■「ネガティブ愛」許容度チェック

「心の中にある愛情のクセ」を見直し、根底から愛の受け入れを変えていくために、まずあなたが「どんな愛情を受け容れてしまっているのか」を分析していきましょう。

 

ここで質問です。以下、あなたの恋愛パターンに当てはまる項目にチェックをしてみてください。

 

理不尽に無視されても、「私が悪かったのかも知れない」と謝ってしまう

いつも自分に自信がなく、「私のせいで愛されないんだ」と信じている

イヤだと伝えることができない、イヤだと言っていいと思えない

少しでも逆らうと、相手から見捨てられてしまうと思っている

理不尽に怒ったり怒鳴ったりする相手に対して、「相手に問題がある」と思えない

常に「イエス」と相手に言って、言うことを聞くいい人である

ちょっとした違和感があっても、相手に恐ろしくて伝えることができない

気づけば相手の顔色を伺って、相手に合わせて行動してしまっている

嫌われるのが怖い、だから離れないためについ頑張ってしまう

 

いかがでしたか?

どれくらい当てはまっていたでしょうか。

 

これらのパターンはすべて、親との関係性の中で作られた「ネガティブな愛」の価値観です。そして、愛とは本来、こうした思い込みとは真逆のものなんですね。チェックがついてしまったということは、それだけ、あなたが親から不適切な愛のパターンを教えられてきたということです。

 

本来、愛しあう関係においては、相手に無視されるのが当然ではなく、相手に自分の意見をしっかりと聞いてもらったり、自分の気持ちを尊重されていいのです。

また、イヤなことはイヤと伝えても、それは相手を傷つける行為ではありません。イヤだと伝えることがあっても、それは当然の権利なんですね。

 

すべての人が完璧ではありませんから、愛しあっている関係であれば、多少喧嘩をしたり、すねることもあるでしょう。そういう時は、「人間だからそういうこともある」と許容しあうことが必要です。

けれども、自分だけが一方的に我慢したり、自分だけが悪いと思い込んで、最初から相手に無条件に従う必要はないのです。

 

自分だけが問題を抱えているのではなく、相手も強い思い込みや偏りを持っていることがある。その結果、あなたのせいではなくても辛い恋愛になってしまうことがあるということをしっかりと理解することも大切なんですね。

 

そして、こうした自己犠牲的な愛情のパターンを変えていくためには、「今まで一方的に与えられてきたネガティブな愛のパターン」ではなく、新しい愛のパターン=自分が犠牲にならない愛し方を学んで行く必要があります。

 

 ■大切にされなかったからこそ、より自分を慈しみ大切にする

それでは、ここからは、具体的に新しい愛のパターンを身につけるレッスンをしていきましょう。

 

新しい愛のパターンを受け容れるためには、「私は愛され、大切にされていい存在だ」という自尊心を育む必要があります。

自尊心とは、自分の命を尊重し、自分を労り、慰め、愛情を持って自分に接する心と態度のことです。

 

たとえ子供時代、親に辛い接し方をされていたとしても、大人になった今は、「親からされていた接し方」を継続する必要はありません。

「大切にされていなかったから、大切にできない」ではなく、大切にされなかったからこそ、より自分を慈しみ大切にすることが重要です。

 

そして、周囲の態度にかかわらず、あなたがあなたのことを心から尊重し、大切にすることができれば、「私は本当はこうして温かく接してもらっていい人間なのだ」ということを受け容れられるようになります。

その結果、不適切な男性がいたときは「自然に断る」、無視されたりする人に対しては「自分もその人から離れる」という選択ができるようになっていくのです。

 

■親からしてもらいたかった、でも、してもらえなかったこと

自尊心を育てる方法は、「親からしてもらいたかった、でも、してもらえなかったこと」を、自分にしてあげることです。

たとえば、次のようなことを率先して、してあげましょう。

 

悲しいことがあったとき、自分のことを慰め、「苦しかったね、辛かったね」と母親のように慰めてあげる。この時、どれだけ時間をかけても、泣いてしまっても大丈夫です。泣くということはありのままの苦しみを吐き出す大切な自己愛です。時間をかけて、ゆっくりと自分の苦しみに寄り添ってあげましょう。

 

子供時代に「してもらいたかったこと」を今、自分に対してしてあげる。たとえば「のびのびと絵を描きたかった」「可愛い洋服を買ってもらいたかった」というような欲求を、そのまま今のあなたが自分に対してさせてあげます。欲求を持ってもいいし、自分の求めていることを求めていいということを自分に教えてあげます。

 

「イヤだ、苦しい」という気持ちを優先すること。たとえば他人との関係で、少しでもイヤだなということを感じたら、それを「いやです」と感じていい、表現していいんだというように自分に教えてあげます。すべての人は自分を守る権利を持っていて、そして自分の心が傷つかないように守っていいんだということを教えてあげましょう。

 

こうして「自分の気持ちに寄り添い、心地よさを自分に覚えさせてあげる」ことで、私たちは次第に、「苦しまなくていい」ということを自分に覚えさせられるようになるんですね。

その結果、「イヤだと思うことをされたら断ることができる」「自分が苦しむようなことをする人に対しては、離れることができる」ということが選択できるようになり、自分が犠牲になる愛を終わらせることができるのです。

 

今までは「親にされなかった」ことだからこそ、違和感を覚えるかもしれません。また、わがままだと感じることもあるでしょう。

しかし、本来は、こうした「愛され、大切にされる権利」をあなたは持っています。ただ今まではそれを知らなかったからこそ、愛されないことばかりを受け容れてしまっていたのです。

 

改めて、あなたはどれくらい、愛を受け容れていますか? そして、どれくらい、「愛ではない苦しみ」を自分に与えてしまっているでしょうか?

あなたがあなたに対して愛を注ぐことができれば、自尊心が育ち、そこから苦しい恋愛も変化していくことでしょう。

(つづく)

 <<「愛情のクセ」を見直す / あなたの思いこみは誰のもの?>>

『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』

image

・価格:1,404円(税込)1,300円(税抜)
・発売日:2014年09月29日頃
・出版社:SBクリエイティブ
・サイズ:単行本
・ページ数:223p
・ISBNコード:9784797380200

年齢、容姿は関係なし! 
あなたは必ず愛される。

「どうしていつまでたっても出会いがないの?」
「いいと思った人とうまくいかないのはなぜ?」
「そもそも幸せな恋愛や結婚ってどんなもの?」
そんな悩みを抱えている女性は多いでしょう。
どうしたら、男性と愛し愛される関係を築き、幸せな人生を送っていけるのでしょうか。
本書では、多くのクライアントの悩みを解決してきた著者が、
あなたの魅力を最大限引き出し、真に愛される女性になるための方法をお伝えします。

運命の人と出会い、お互いがお互いを大切に思い、高め合い、幸せなパートナーシップを築いていく――。
そのための具体的な方法を、実例をまじえながらご紹介します。