image

劇場から一歩外に出ると、年末の喧騒を実感するようになりました。片岡愛之助です。

12月26日まで、京都四條南座「當る申歳 吉例顔見世興行」に出演させていただいております。

image

『鯉つかみ』、頑張りました!!(C)松竹

 

年の瀬も押し詰まって、デパートで2015年の報道写真展が開催されたり、今年の10大ニュースが発表されたり、もう何度か「よいお年を」と挨拶されるようになりました。
改めて2015年を振り返ってみますと、今年は本当に充実した年を送らせていただけたなぁ、と心から噛みしめております。実に大きなお仕事をたくさんいただきました。

2015年は四代目中村鴈治郎さんの襲名の年でありましたが、僕はその最初の襲名披露公演、1月の大阪松竹座から出演させていただくことができました。
2月はシスティーナ歌舞伎『ユリシーズ』で元タカラジェンヌの大和悠河さんと共演。
3月は東京・歌舞伎座で通し狂言『菅原伝授手習鑑』に梅王丸と奴宅内の二役で出演。
そして4月が名古屋・中日劇場で『新・八犬伝』の四役。
5月が東京・明治座の『鯉つかみ』で六役。そして、
6月は大阪松竹座で同じ『鯉つかみ』を十二役にまで増やし、通し狂言として上演することができました。
そして、8月には東京・新橋演舞場『もとの黙阿弥』で、東京で初めての座頭公演を務めさせていただくことができました。続く9月は大阪松竹座公演で、2ヵ月間連続の座頭公演となりました。
11月には毎年恒例の兵庫県豊岡市にて「永楽館歌舞伎」。11月末からは、ここ京都四條南座で「顔見世興行」に出させていただいているというわけです。

舞台だけではなく、15年は多くのテレビ番組にも出演させていただきました。
1月には、初めてバラエティ番組のMCを務めさせていただきました。しかも生放送でした。1月14日と21日の2週に渡って放送された「夜の愛之助 純愛ナイトクラブ」(毎日放送)です。
このときはカンペがよく見えるように眼鏡をかけてMCを務めさせていただいたのですが、それが功を奏したのか、望外のメガネベストトレッサ―賞までいただいてしまいました。ありがとうございました。

4月からは、初めてのレギュラー冠番組「片岡愛之助の解明! 歴史捜査」が始まりました。毎週木曜夜9時は、BS日テレをご覧くださいね。
日本史は歌舞伎作品の題材となっていることも多いですから、これはやりがいがあります。勉強にもなります。進行をさせていただいていても、面白いです。たまに僕自ら、歴史の謎を解明しに、現地に足を運ぶ回もあります。どうか楽しみになさっていてください。

image

『片岡愛之助の解明! 歴史捜査』では、僕自身が謎を解き明かしに現場に出向く回もあります。
初回放送分より(C)BS日テレ

 

連続ドラマにも今年は3本出させていただきました。「LOVE理論」(テレビ東京系)と「ある日、アヒルバス」(NHK)、「刑事7人」(テレビ朝日系)の3本です。3本ともまったくテイストの違うドラマでしたので、楽しんでいただけたかと思います。

そして、来年は、いよいよ初めてのNHK大河ドラマ「真田丸」に挑戦します。1年続く大河ドラマの中盤部分で登場予定です。気合いも入っています。期待していてくださいね。

まだまだ来年も劇場でお会いできる機会があります。

1月は、大阪松竹座で昼の部の『鳴神』、『らくだ』、夜の部の『桂川連理柵 帯屋』と、『研辰の討たれ』に出演させていただきます。

また2月18、19、20日の四国、徳島県大塚国際美術館システィーナ・ホールで行われる「システィーナ歌舞伎」、今年は『美女と野獣』です。まだ台本があがっていないのでわかりませんが、僕は野獣役だと思います。美女だったりして(笑)。

そして4月9日から24日までは四国、香川県琴平町の金丸座で「こんぴら歌舞伎」。昼の部は『毛谷村』と『口上』、夜の部が『あんまと泥棒』、『封印切』に出させていただきます。
16年も充実していますでしょう!?

そして今年は、私事ですが、13年ぶりに約20日間のお休みをいただきました!!
これまでずうっと突っ走ってきた人生でございましたから、いったん休んでしまうと復帰が厳しいのではないかなどいろいろ考えておりましたが、全部杞憂に終わりました。
逆にしっかり休むとその後の仕事にもメリハリがついて、より仕事を頑張れるようになる、とわかりました。沖縄と和歌山、堪能させていただきました。

この連載も、4月から始めて早9カ月。みなさまに日ごろの思いなどを思うままにお伝えしてまいりました。
たいへん残念ですが、今回で一区切り、最後となりました。これまでご愛読くださり、本当にありがとうございました。
連載は終わってしまいますが、愛之助はこれまでと変わらず、活動を続けてまいります。
これまで同様、お見捨てなきよう、よろしくお願いいたします。

みなさまも、どうかよいお年をお迎えください。

片岡愛之助

プロフィール

1972年3月4日生まれ。’81年12月、十三世片岡仁左衛門の部屋子となり、南座『勧進帳』の太刀持で片岡千代丸を名乗り初舞台。’92年1月、片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座『勧進帳』の駿河次郎ほかで六代目片岡愛之助を襲名。’07年12月上方舞・楳茂都流の四代目家元を継承し、三代目楳茂都扇性(せんしょう)を襲名した。