image

 

この秋、“世界一ゆるい70歳”となった蛭子能収(70)。大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)を刊行したばかりの蛭子が、読者からの相談に答える!

 

【Q】「心配性で、家を出ても、ガスの元栓を閉めたか、家のカギをかけたか心配で、戻ってきて確認することがたびたび。95%はちゃんとしてあります。この性分をなんとかして変えたい……」(“きっと桜咲くよ”さん・31・主婦・長野県)

 

【A】「70年間、メモ帳を持ったことがなかったが、これは便利」(蛭子能収)

 

オレも仕事で出かけるときに、「あっ、◯◯を持ったかな?」と思って家に戻ろうとします。カバンを確認したマネージャーに「ここにあるじゃないですか」と怒られます。かといって、忘れ物したかなと思って家に戻れば「いつもなにやっているの」と女房にあきれられます。

 

でも、オレの心配性はなかなか直りませんよ。アナタも性分を変えようとせずに、安全に暮らすためなら、何度も確認するために戻ればいいですよ。戻る時間がムダだと思うなら、『いつもよりオレは運動しているぞ』と考えればいいんじゃないですかね。

 

ちなみに、オレは先月、すごい発見をしたんです。メモ帳に、打ち合わせ時間とか持ち物を書くようにすると忘れにくいということです。思えば、オレは、70年間、手帳を持ったことがありませんでした。いつもそこらへんにある紙切れ。そのメモした紙をしょっちゅうなくしていましたからね。このメモ帳のおかげで、マネージャーや女房にムッとされることが少なくなりそうです!

 

 

【蛭子能収70歳記念出版】心が楽になりすぎる、
“世界一ゆるい自己啓発本”爆誕!

 

image

この秋、“世界一ゆるい70歳”となった漫画家・蛭子能収さんが、世界一ゆるい自己啓発本を刊行。「人からどう思われるか」ではなく「自分がどう生きるか」のみに大切に考えて生きてきた蛭子さんが贈る、心が楽になりすぎる一冊『笑われる勇気』(光文社・900円+税)は、好評発売中!

 

詳しくは特設ページへ。https://goo.gl/m7kkNV