image

4月は新生活のシーズンです。新たな決意で希望に満ちたスタートを切る方もいると思いますが、いっぽうで憂鬱な気持ちで満員電車に乗っている方や、朝から家族のために忙殺されて自分の時間が取れず悩んでいる方もいると思います。そういう人生に悩んだときは、どうか一度立ち止まって考えてみてほしいです。

みなさんが今日会う人は、大切な命の時間を捧げるに値する人なのか。みなさんが今日する仕事は、大切な命の時間を捧げるに値する仕事なのか。みなさんがもし素晴らしい未来を望むのであれば、まず目の前の憂鬱な現実と向き合い、幸せになるために「行動する勇気」を持たなければいけません。

幸せは、待っていれば訪れるものではありません。自分が自分を幸せにするという強い決意と覚悟を持って行動することで、初めて手にすることができるのです。なぜなら目の前の現実を創っているのは、ほかの誰でもなくみなさん自身だからです。憂鬱な現実も、みなさんが選択し行動した結果。自分の世界を変えるためには、変えようと努力をするしかないのです。

もし目の前の現実と理想の自分のギャップに苦しんでいるのであれば、それはある意味「大きな希望」です。未来への希望を捨てれば楽になれるのに、みなさんは希望を捨てず苦しんでいる。自分を変えたい、変わりたい、と少しでも願う気持ちがあるのなら、必ず理想の自分になれると思います。

未来は今の自分の延長線上にしかありません。もし今と同じ日常を繰り返していけば、今と変わらない未来に辿り着くでしょう。しかし今と違う理想の未来を望むのであれば、そうなれるような「思考・選択・行動」をする必要があります。1年後のみなさんは、どんな仕事をして、どんな人と、どんな服を着て、どんな場所にいたいですか? 理想の姿をより具体的にイメージして、それを叶えるための行動を始めましょう。

頭の中で考えていても、行動に移さなければ考えなかったことと同じ。自分の心の声に従って自らの選択に自信を持ち、信じて行動するのです。そして、理想の自分になるまでの過程を心から楽しむこと。幸せになるために歩くのではなく、目の前の一歩一歩に幸せを感じながら歩くのです。

みなさんが夢を持ち歩こうとすると、それを邪魔する人が必ず現れます。その人たちはこうつぶやくでしょう。「夢なんて叶わないよ」「今のままでもいいじゃない」と。みなさんはこの声を無視する「心の強さ」を持たなければいけません。そしてそもそも相手が自分の夢を話すに値する人間かどうかをしっかり見定める必要があります。大切なのは、自分の選択に対して絶対的な自信を持つこと。そして、迷わず前へ進むこと。みなさんは必ず理想の自分になれる。あきらめないでください。必ず夢は叶うから。

他人軸で幸福を見いだそうとしているうちは、自分で幸せを勝ち取ることができません。常に誰かの視線を気にしてしまう。結果、どんどん苦しくなり、いつまでたっても本物の幸せを手に入れることができないのです。だから、この「比較の思考」から抜け出す必要があります。そして自分の中に「絶対的な幸福の基準」を持つことが必要です。

今日こうして生きていることがどんなに幸せなことなのか。今まで当たり前だと思っていたことすべてが当たり前ではなく、とてつもなく幸せだと気づき、感謝すること。他人の軸や眼差しに振り回されることから卒業し、自分の幸せを追求することに集中し、愛する人を全力で守りぬく強さを身につけること。それこそが、幸せな人生を送るために必要なことではないでしょうか。

関連タグ: