image

人間は、広い世界のほんの一部で生きている。
全てを知ることはできない。
世界のどこかには、自分の知らない何かを熱狂的に愛してる人がいる。研究する人がいる。
そんな人が集まると、小さなブームになる。
誰かの世界を、少しだけ覗いてみちゃおう。
それが「うさこの覗いた世界」なのだ…!

image

先日地獄から命からがら生還したわたしだが、「地獄」という恐ろしい場所は仏教の世界観である。
仏教の「お寺」、神道の「神社」、キリスト教の「教会」…様々な宗教施設が各地に点在している宗教自由が認められた国・日本。
宗教がいくつも存在できるのは、もともと「神道」の考えが根付いているからかもしれない。
日本には「八百万(やおよろず)の神」がいる。
「神様が八百万いる」というよりは、「もう数え切れないほどたくさんの神様がそこらじゅうにいるよ!」という神道の考え方で、
ひと昔前に流行った「トイレの神様」のように場所にも神様が宿るときもあれば、
「お米一粒にも神様がいるんだから!」とおばあちゃんが言うように自然ひとつひとつにも神様がいて、
そりゃもうたくさんの神様がわたしたちを見守っているのである。
あるいは、何かがうまくいかないとき…例えば悪天候が続くときは「天気の神様の祟り」。不作のときは「穀物の神様の祟り」。よくないことが起きると、人々は「神様がお怒りだ」と言った。
そんな神様の気を鎮めるために人々は捧げものをしたり、感謝を告げるお祭を催したりする。
神様がたくさんいるこの国において、人間関係と同じように、神様関係も大変重要なのだ。

中には「電気関係を見守るハイテク神様(京都・雷雷宮)」や「授乳中のお母さんを支える乳の神様(岡山・軽部神社など)」「中年男性にアツい支持を得る髪の神様(京都・御髪神社)」と思いもよらないところまで神様のご加護が。
四谷怪談で有名な「お岩さん」を祀る神社もある(東京・陽運寺)。今でこそお皿を割り続ける怖いイメージがついてしまったが、かつてはよき妻だったそう。
悪縁を断ち切り、良縁を招いてくれるようだ。
あらゆる事象や、場所、かつての人々が神として存在する…これが「八百万」ということか…!
その八百万の片鱗を覗くべく、今回は大阪の一風変わった神社に潜入してきました。

image

ここは難波八阪神社。

image

鳥居の外からも明らかに圧を感じるのがお分かりいただけるだろうか。

image

大迫力の獅子がこちらを見ているのである。
正体は神社の中央に構える高さ12メートル、幅11メートル、奥行き10メートルもあるという大きな獅子殿だ。

image

驚くべきは口内が舞台になっており、目がライトで鼻はスピーカーという高性能っぷり。
居合道や獅子舞、民謡などの芸能が奉納されたり餅まきや豆まきが行われたりと大活躍だ。
大きな口をあけているのにも意味があり、万民の苦難を飲み込み、人々に幸福をもたらすためだそう。
中にはご祭神のスサノオノミコトの荒魂が祀られている。
我々の幸福のために口を開け続けてくれる獅子に感謝を忘れてはならない…。

image

まずは外にかけられた看板をご覧いただきたい。

image

「昭和五十七年十月二十日クリニングハンガーをつくる機械に片手がはさまり危うく指が切り落とされるところを御神環をはめていたお蔭でそれが支えになって二つにわれ、手には何の怪我もなく無事に助かった」

image

「昭和三十九年二月七日午後二時三十分大阪梅田コマスタジアム公演中舞台中央のコマが上がっていなかった時せり穴に落ち込み奈落に墜落しましたが、サムハラさまのお守を身体につけておりましたのでお蔭様で次に使用する舞台道具の長椅子の丁度真上に落ちました。従って何一つ外傷もなく負傷をまぬがれました」

ただならない雰囲気がするぞ…!
この神社は「サムハラ神社」。

image

サムハラとは「宇宙を創りあらゆる物を支配する最も尊い大神様」という意味だという。
そんな神様なだけあって、指輪型のお守り「御神環」を肌身離さず持つとご加護が凄まじいらしく
ネットを見ても「交通事故に遭うも無傷で済みました」「宝くじが当たりました」と体験談がずらり。

image

あまりの人気でわたしが訪れた際は既に在庫がなく、月数回仕入れるのを待っている状態のようだ。
これが大神様パワー…!

とはいえ、神社は「願いを叶えるところ」ではない。
神様に感謝と尊敬を持って、神様の力をお借りし、願いを叶える。
誰だって他人にいきなり「○○貸してくれ!」って言われて何かを貸したいとは思えない。
神様とだって同じだ。
関係を構築したうえで、お行儀よくして力を借りるのが筋なのである。

人間関係にも、神様関係にも、
大切なのは感謝の心!

image

「ありがとう」を武器にこの殺伐とした世界を平和に生き抜いていこうじゃないか。

 

難波八阪神社:大阪市浪速区元町2-9-19
サムハラ神社:大阪市西区立売堀2-5-26

米原千賀子

ライター兼イラストレーター。へっぽこな見た目とは裏腹にシビれる鋭いツッコミで世の中を分析する。人呼んでうさこ。常に今日の夜ごはんのことを考えている食いしん坊健康オタクな一面も。webマガジンNeoLなどで連載中。

公式サイト http://yonusa.wix.com/4bunno1
ツイッター http://twitter.com/yonusa1