image

毎月2回お届けするこどもみらい探求社からのレポート。
うち1回は、「70㎝の目線」。
こどもたちにひとつの“ありふれたモノ”を渡していき、創造される「あそび」をお送りします!

もう1回は、「保育士起業家 まい&めぐの社会実験“こども✕??”」
こどもたちの明るい未来のために、様々な分野とコラボレーションをしたレポートをご紹介。

今回は“こども✕科学”「日本科学未来館との出会い」です。

image

今回のレポートは、先月にもお送りした「ほうかご保育園」の登園日からお届けします!

「ほうかご保育園」は、2015年12月から園舎を持たないインターネット上の保育園として開園しました。おやこ保育園の展開版として「リアル、ときどきオンライン!」を軸に新しいコミュニティをつくっています。

image

2回目の登園日は、「0歳からの科学」に挑戦!
まずは親子で「科学と仲良くなってみよう」という目的で、日本科学未来館へ行ってきました。

大きな地球の下で朝の集まりを終え、「”おや?”っこ広場」へ。
ここは、科学的な「モノの見方」を親子で一緒に体験するスペースとなっていて、遊びながら「なんで?」を探求する場。
https://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/kids/

はじめに、科学コミュニケーターさんから遊ぶときのルールを学びます。

image

image

大きな坂道では素材の違ったボールを投げて、
転がり方をじっくり観察!

image

繰り返して転がすうちに、
「こっちの方が早いよ!」と気づく子も。

image

0歳さんたちもハイハイをしながら、
坂を探検していました。

image

こちらではママと一緒に、ボールのコースを作成中。

image

塗り絵をしたものをスキャンすると、

image

画面上で自分の描いた絵が動きます。
「あった!あった!」と大喜び。

あっという間に45分が過ぎて、おしまいの時間。

image

自分たちで描いたものを、自分たちでお掃除!

image

二足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」にも会えました。
こどもも大人も釘付けでした!

転がること、止まること。
描けること、消えること。
描いたものがワープすること。

身近に溢れる「なんで?」は科学のはじまり。
新しい世界への入り口は、まず ”気づく” ことから。

これからはじまる「0歳からの科学」では、こどもたちがどんなことに気づくのか、今から楽しみです。

ほうかご保育園のHPはこちら↓
http://kodomo-mirai-tankyu.com/houkago-hoikuen

こどもみらい探求社のHPはこちら↓
http://kodomo-mirai-tankyu.com/