その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(27)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【人気者たちの生き霊のつき方、教えます】

 

最近、YouTuberの方々とお会いする機会が多いんですが、人気の高い人たちには、生き霊のつき方に共通点があることを発見しました。

 

それは、くっついている生き霊の姿が、すべてぼんやりしているということ。好意的な生き霊ばかりなんですが、それが男性なのか女性なのか、何歳くらいの人なのか、そういう具体的なことがまったくわからないんですよ。

 

実は、こういう生き霊のつき方はかなり特殊で。同じ人気者でも若手俳優さんとかアイドルの方にはべったりくっついてる熱狂的な生き霊が、けっこうな数いるものなんです。一方でアンチも多いのか、その人を嫌ってる生き霊も、同じくらいたくさんついています。

 

たぶん、こういうのを“スター性”って言うんでしょうね。ただ、執着されたり恨まれたりで、生きるのは大変そうだなと。

 

それから、これは僕の勝手な推測ですが、YouTubeで人気の動画って何かを試したり、紹介したりする内容のものが多いじゃないですか。だからYouTuberの場合、一部の人から熱狂的に好かれるより、誰にも嫌われないタイプのほうが成功しやすいんだと思います。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!