“こんまり”がアメリカの家庭を片付けるリアリティショー

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今週は人生の永遠のテーマ、モノの整理整頓! 毎年春が近づくと、何かにとりつかれたように部屋にたまった不用品を捨て始める記者。でも数カ月もすると、なぜかリバウンドして増えてしまうんです。これってまるでダイエット!?

 

■Netflixオリジナルシリーズ『KonMari~人生がときめく片づけの魔法~』独占配信中

 

オンライン映像配信サービス「Netflix」で放映中の『KonMari~人生がときめく片づけの魔法~』は、整理整頓が苦手な人に超オススメの、アメリカンリアリティショー。著書がミリオンセラーになって日米で有名になった“こんまり”こと近藤麻理恵さん(34)が、整理整頓に悩むさまざまな家庭を訪ね、お悩みを聞いて解決していく趣向です。

 

驚くのは、アメリカの家がどれもデカいこと。たまっている不用品も半端ない量で、みな「恥ずかしい」と嘆きます。記者が最も共感したのは、モノを書く仕事のゲイカップルの悩み。紙類や本が多すぎて、つい読み返して捨てられない。「うわ、同じだ」と心の中で叫んでしまいました。

 

「手に取ってときめかないモノは感謝して手放す」というこんまりさんの片づけ法によって、夫婦や親子がお互いの問題に気づき、価値観や未来像まで見つめ直すようになっていきます。そっか、「ときめく」ってこういうことだったのか! 記者もこれからは、ときめきを取り戻すための片づけをやろうとひそかに誓ったのでした。

関連カテゴリー: