【ポップな心霊論】「霊視しても“見えない”と、逆に怖いです…」
(イラスト:マユボンヌ) 画像を見る

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、吉本興業所属の“霊がよく見える”芸人・シークエンスはやとも。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【リサイクルショップで見つけた激安のブランド食器】

 

最近、新居の家具やインテリアを揃えようと、リサイクルショップめぐりをしています。

 

先日行ったお店には食器も売っていたので、なんとなく見て回っていたら、僕でも見たことのある超有名ブランドのお皿がひっそりと置いてあったんです。

 

中古でもきっと高いんだろうなと値段を見てみると、なんとたったの90円! 周りの普通のお皿でもそんな激安価格のものはなかったので、なんだか不思議に思いました。

 

そこで店員さんに「なんでこんなに安いんですか?」と聞いてみると、「それ、なぜか3回くらい戻ってきてるんですよね。だからその値段なんです」とのこと。

 

なんでも売れたと思ったら、新しい持ち主がまたすぐ買い取りに出しに来るんだそうです。

 

霊的な何かがあるのかもと、そのお皿を霊視してみたんですが、まったく何もついていません。とくに嫌な感じもしないし、僕には何度も売りに出される理由がわかりませんでした。

 

ただ、わからないのが逆に怖くて。お金を払って自分のものになった瞬間、何か恐ろしいことが起こるかもしれないですし。

 

一瞬、買って検証してみようかとも思ったんですが、僕には勇気が出ませんでした……。

 

【PROFILE】

シークエンスはやとも

1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。昨年8月には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。

出典元:

「女性自身」2021年10月19日号

【関連画像】

関連カテゴリー: