「育児が一段落したらまた働きたい、でも必要とされるか自信がなくて……」という方は多いはず。’06年に子育て中の女性の再就職を支援する目的で設置されたマザーズハローワークは、熱気であふれている。主婦歴、ママ歴が活きる40代からの就活について、キャリアカウンセラーの弓ちひろさん(49)に聞いた。

 

「そのマザーズハローワークはおすすめです。勤務時間が短かったり、子育てに理解ある企業からの求人などもあります。『とりあえず4時まで働きたい』といった希望にも、融通を利かせてくれるかも」

 

子育て中の場合、やはり勤務時間が9〜5時の事務職を希望するケースが多いというが、弓さんは主婦の可能性をもっと幅広く捉えている。

 

「限られた時間を有効に使う時間管理能力、ママ友やご近所付き合いで養ってきたコミュニケーション能力、夫や子供たちをまとめる包容力、評価されにくい専業主婦の仕事を続けるなかで培われた忍耐力などは、どれも社会に出て発揮できる立派な能力です」

 

なかでも、保護者会の役員を務めた経験のある人は、履歴書や面接で積極的にアピールするべきだと語る。

 

「議長や副議長の経験者は、人前で話したり会議を仕切るのも得意。以前、相談を受けた保護者会の役員経験者は見事、メーカーの総務部での採用が決まり、のちに契約社員から正社員への昇格を果たしました」

 

関連タグ: