image

妻である金子恵美衆院議員(38)の出産6日前に、タレントの宮沢麿由(34)と不倫密会。議員辞職に追い込まれた宮崎謙介前衆院議員(35)。

 

「宮崎前議員は当初“政界再挑戦の意志を捨てていない”とも報じられましたが、じつはすでに京都のマンションを引き払っています。自分でも“もはや復活の目はない”と自覚したのでしょう」(前出の政治部記者)

 

宮崎前議員が住んでいた京都市内のマンションは単身者向けで、家賃は約7万円。同じマンションに住む住人が、“夜逃げ同然”の引っ越し当日の様子を見ていた。

 

「謝罪会見の翌週、2月20日にトラックが来て、宮崎さんの部屋から荷物を運び出していました。作業員とは別にスーツ姿の人も来ていて、部屋から荷物を出していました。あとで聞いたら、いつも宮崎さんを迎えに来ていた秘書の人もおったと聞いた。本人はいっさい姿を見せへん。雲隠れしたままや」

 

さすがに本人は東京で産後の妻の世話を務めて“謹慎中”なのか――。だが、自民党関係者からは信じられない話も飛び込んできた。

 

「2月下旬くらいに、“宮崎が京都で合コンをやっていた”という話を聞いてビックリしたんだ。もちろん、迷惑をかけた後援会関係者などに挨拶しないとならないから、京都に行くのは不思議じゃないんだけれど、そのついでに気晴らししたってことなのかねぇ。みんな『あいつならやりかねない』と苦笑していたよ」(自民党関係者)

 

事実ならば本当に驚くが――。