「あんな怖い顔つきをしていますが、人柄は優しいんですよ(笑)。おもしろいところも結構あって、とにかくマメです。時間があるときは、料理も手伝ってくれますね。私が大根をすろうとすると“これは僕がやる”とか、ポテトサラダ用のじゃがいもをつぶそうとすると“僕がつぶす”とか(笑)。家事も率先してやってくれます」

 

こう語るのは、“次の総理大臣を決める”自由民主党総裁選挙(9月7日告示、20日開票)に出馬する、衆議院議員の石破茂元幹事長(61)の妻・佳子さん(62)だ。

 

石破議員のことを誰よりもよく知る佳子さん。じつはメディアの単独インタビューを受けるのは今回が初めてだ。“お堅い”イメージのある石破議員とは対照的に、よく笑うユーモアに富んだ佳子さんが、これまで明かしてこなかった2人のなれ初めを語ってくれた。

 

「本当は“忘れました”と言いたいんですけど、しっかり覚えています(笑)。私と夫は大学の同級生で、出会いは校内でした」

 

’75年、2人は慶應義塾大学法学部法律学科に入学。1年生のとき、第2外国語でともにドイツ語を選択し、同じ授業を受けたのが出会ったきっかけ。佳子さんを初めて見た瞬間、石破議員は「“わぁ、こんなきれいな人がこの世にいるのか!”と思った」と、鈴木哲夫氏の著書『石破茂の「頭の中」』(ブックマン社)で語っている。

 

だが、この授業で2人は会話をする機会はなかったという。

 

「大学2年の後期試験の前に、彼が刑法の勉強会を開催するというので、お友達と一緒に参加したんです。そこで彼が試験問題を予想して、模範解答まで教えてくれました。そのときに初めて言葉を交わしました。“キミは女子学院出身でしょ? うちの姉もあの学校出身だからね~”と、何か意味ありげなしゃべり方をされたので、あまり第一印象がよくなかったことを覚えています(笑)」

 

じつは佳子さんの出身校が自分の姉と同じだと知って、話のきっかけにしようと石破議員はずっと考えていたのだが、それが逆効果になったみたい。

 

だが、勉強会をきっかけに徐々に会話をするようになった2人。学校帰りにお茶を飲みに行ったり、週末にはドライブに行く仲に。

 

卒業後、石破議員は銀行員、佳子さんは総合商社に就職することが決まる。そして石破議員は卒業式後に、生まれて初めて「結婚を前提に付き合ってください」と告白する。しかし佳子さんの答えは「NO」だった――。

 

「当時、夫は司法試験を受けて弁護士になりたいなど、夢をいっぱい語っていました。それが私と結婚したいから夢を諦めて就職するというのは違うんじゃない? という話をしましたね」

 

アタック失敗後、2人の関係は一時途絶えたが、それから約3年後に再会する。

 

「’81年9月、夫の父親・石破二朗さん(元自治大臣)が亡くなったことを、私の母が新聞で知り、教えてくれました。それで弔電を打つと、お礼の電話があり、再び連絡を取るようになりました」

 

互いの勤務先が東京・日本橋と竹橋であることが発覚。会社の近くで一緒にランチを食べたり、デートをするようになった。ちなみに彼は、いつも自転車をかっ飛ばして、大好きな佳子さんのもとへと駆けつけた。

 

「じつは再会する前、私は両親の勧めでお見合いを3回していました。2人で食事をしながらも、過去にお見合いをした相手の話もしたりして……」

 

おそらく当時の石破議員の心中は穏やかではなかったはずだ。そして交際は順調に進み、’83年9月に結婚する。

 

結婚生活35年。佳子さんに夫婦円満の秘訣を聞くと――。

 

「うーん、ほぼ毎日電話していることかな。でも、長電話はしません。ある新聞に、“1日30分以上話をしない夫婦は離婚率が上がる”と書いてありましたけど(笑)」