小室圭さん 奨学金まだ確定せず…弁護士語る留学2年目の懸案

「眞子さまと小室さんのアメリカでの密会ですか? そのようなことは起こりませんでした」

 

そう断言するのは宮内庁関係者。眞子さまは2週間にわたり、ペルー、ボリビアをご訪問。7月22日に帰国された。眞子さまのご出発前や南米ご滞在中には「眞子さまと小室圭さんが“密会”を計画しているのでは?」といった報道が相次いだ。

 

行きはヒューストン、帰りはロサンゼルスを経由してのフライト。数時間の米国滞在中に、小室さんが駆けつけるはず――。そう予想されていたのだ。

 

「眞子さまは、ご公務とプライベートの“けじめ”は、きっちりつけられています。しかも今回は、皇室を代表しての海外公式訪問。眞子さまが掟破りの“密会”など、批判を浴びるようなことをされるはずがありません」(前出・宮内庁関係者)

 

一方の小室さんは今年5月、NYのフォーダム大学で1年間のコースを修了。9月には新たな2年間のコースへ進学の予定で、夏休みも勉学に励んでいるという。懸案となっているのは、多額の留学費用だ。1年目は約660万円の学費が全額免除となる奨学金を獲得した小室さんだが、それは1年限り。新たな奨学金の獲得が急務となっている。小室さんの代理人を務める上芝直史弁護士に話を聞いた。

 

「まだ確定はしていません。いくつかの奨学金制度に申し込みをしている段階です」

 

さらに、小室さんの母・佳代さんと元婚約者X氏の金銭トラブルについて、交渉などの進展はあるのかを尋ねた。

 

「その件は小室圭さんが当事者ではないので、コメントしません。ですが、小室さんは何もせずに傍観しているわけではありません」

 

しかし、X氏側の代理人であるジャーナリストはこう言う。

 

「小室さんの代理人の弁護士さんとは、まだ何も話ができていないのです。Xさんはこの騒動で、気力が落ちて、体調もすぐれません。先日電話で話したときも、夏バテ気味のように元気がなく感じました」

関連カテゴリー: