ライブハウスは原則着席 大阪府の指針は受け入れられるのか
(写真:アフロ) 画像を見る

新型コロナウイルス感染拡大によって、休業要請の対象となっていたライブハウス。大阪府が営業再開に向けて動き出し、注目が集まっている。

 

大阪府は5月28日、全国でクラスターが発生した施設も含めて6月1日以降に休業要請を全て解除すると発表。カラオケ店やスポーツジム、ライブハウス、ナイトクラブといったクラスターが発生した施設については、独自の感染拡大防止ガイドラインを定めた。業界団体などがガイドラインを発表するまでは、府独自のルールに従うことになるという。

 

なかでも注目を集めているのがライブハウスだ。大阪府によると「施設内は原則着席」で、それが不可能な場合は「客同士の距離を最低1メートル確保」するという。他にも「ステージと客席の間は2メートル以上確保」「アクリル板や透明カーテンなどで遮蔽」など、飛沫感染を防止する条件が詳細に定められている。

 

ライブハウスやホールでは、あらかじめ座席を用意している店舗も。だがロックバンドなどのライブでは、スタンディング形式での鑑賞に慣れている人も多いという。そのため、否定的な声が上がっている。

 

《何が楽しいんだこれ……》
《ライブハウスで着席は、悪いが無しだな! 楽しさが無くなる。ライブハウスは、やっぱりオールスタンディングが醍醐味だからね!》
《スタンディングは当面無理、飛沫拡散対策で仕切るとか違和感ありそうだな》

 

だがいっぽうで、「原則着席」を受け入れる好意的な声も広がっている。

 

次ページ >「立ってなくても心はヘドバン」

関連カテゴリー: