中国批判声明に参加拒否 共同通信に誤報の声も…菅長官否定せず
打診の有無や拒否したか否かには答えなかった菅長官(写真:時事通信) 画像を見る

「日本、中国批判声明に参加拒否 香港安全法巡り、欧米は失望も」

 

いま、6月7日に共同通信が配信したこんなニュースが波紋を呼んでいる。香港での反政府活動をより強く取り締まれるようにする「国家安全法制」の導入を巡り、中国を厳しく批判する共同声明を米国、英国、オーストラリア、カナダの4カ国が5月28日に発表した。共同通信の報道によると、じつは日本政府もこの共同声明への参加を打診されていたにも関わらず、参加を拒否したという。

 

同ニュースは、米国など関係国から日本に「失望の声が出ている」ことを伝えたほか、参加を拒否した理由を「習近平国家主席の国賓訪日実現に向け、中国を過度に刺激するのを回避する狙いがあるとみられる」と分析している。この報道に、ツイッター上では有名人を含む多くの人が反応した。サッカー元日本代表の本田圭佑選手(33)はこう怒りを表明。

 

《中国批判声明に日本は参加拒否って何してるん! 香港の民主化を犠牲にしてまで拒否する理由を聞くまで納得できひん。》

 

格闘家の高田延彦氏(58)はこう反応した。

 

《驚いたね! 中国の香港への仕打ちに日本は「いいね」するのか! 賛成票と同じだぜ!》

 

次ページ >自民党議員は報道を“フェイク”と主張

関連カテゴリー: