猛暑でも窓は閉めないで!冷房が高める電車内での感染リスク
密閉空間になりがちな新幹線は警戒が必要だ(写真:時事通信) 画像を見る

緊急事態宣言や休業要請が解除され、都市部では出勤時などで満員電車に戻りつつある。東京都では連日、感染者が100人超えを記録。第2波の到来が現実味を帯びてきているなか、懸念されているのが“電車クラスター”の発生だ。

 

そして車内の密閉空間での感染リスクをさらに高めている要因として世界的に懸念されているのが、夏に欠かせない冷房。

 

「アメリカのテキサス州やフロリダ州では、営業が再開された飲食店でのクラスター感染が相次ぎました。それを受けてニューヨーク州のクオモ知事は6月29日、会見で『飲食店の店内営業は冷房のある密閉された屋内でウイルスが拡散し、問題になっている』と冷房使用のリスクについて危機感をあらわにしました。ショッピングモールに対し、冷房に高性能フィルターを取り付けることを義務付ける方針だといいます」(アメリカ在住ジャーナリスト)

 

当然、日本も人ごとではない。

 

「クラスター感染は、東京ではクラブやキャバクラ、北海道小樽市ではカラオケ店といった室内での事例が多い。業務形態もありますが、密閉された空間で換気機能のない冷房機器を使うことで、人の発した飛沫が風に乗って部屋中に拡散していくという検証結果もあります。冷房が感染リスクを高める可能性は非常に高いのです」(前出・医療ジャーナリスト)

 

現在、各鉄道会社は車内の窓を開けて換気に取り組んでいる。しかし猛暑が予想される今夏、冷房による“電車クラスター”が起こる可能性があるのだ。

 

次ページ >電車内のポジションは前方より後方に!

関連カテゴリー: