2m超えてもウイルスが…無換気の密閉空間で空気感染の可能性
(写真:時事通信) 画像を見る

「もう“夜の街”だけと言える状況じゃありません。これだけ感染者が増えてくればもはや第2波が到来したと言ってもいいでしょう」

 

第2波の到来を告げるのは、NPO法人・医療ガバナンス研究所の上昌広理事長。新型コロナの感染拡大が止まらない。

 

6月下旬から全国で急速に感染者数は増え、7月9日に200人台に突入。10日には東京で過去最多となる243人を記録し、収束どころか第1波越えの様相を呈してきた。

 

感染症を専門とする、のぞみクリニックの筋野恵介院長は一部で叫ばれている「PCR検査数を増やしたから感染者も増えているだけ」といった声に警鐘を鳴らす。

 

「緊急事態宣言下と絶対的に違うのが、現在は人の移動や飲食店などの自粛がされていないということ。多くの方がほぼ日常の生活に戻れば、感染のスピードも速くなるはずです。緊急事態宣言のときと同じスピード感で対処していては、気付いたときは拡大を止められない可能性も大いにあるでしょう」

 

特に問題となっているのが、感染経路不明者の増加。7月9日の東京都の感染者224人中104人が経路不明だった。しかし、この状況下でも政府は10日から県またぎ観光を緩和するなど対策を講じる様子はない。

 

そんななか、新たなる脅威が迫っている――。

 

次ページ >「2m距離を取っていても感染を防げない…」

関連カテゴリー: